FC2ブログ

Sublime Text 3を試してみた(Texのコンパイル用)

研究室のPCではNotepad++がインストールされていて,それで色々と編集やらするのだけれど
ちょっとアウトローに違うエディタを使ってみたいなと思ってSublimeText3を試してみた.

色々設定を変えてみて,ちゃんと色分けとかもしてくれるようになって
これはこれで良かったのだけれど・・・
とにかく,自分がいじった設定をメモメモ

インストールが完了したら,拡張パッケージをインストールする.

■拡張パッケージインストール


・Package Controll
他の拡張パッケージを管理するためのパッケージ
[ctrl]+[`]を押して,ステータスバー上にコンソールを開き,
https://packagecontrol.io/installation
の左側に表示されているコードをコピペする.
これでEnterすればOK.

ここでSublime Textを再起動.

Ctrl+Shift+Pを押せば,画面上に検索窓のようなものが表示されるので,
InstallPackageと入力すればパッケージを検索できるようになる.
私がインストールしているパッケージは次のもの
・Japanize : 日本語化
・IMESupport : IMEに対応させる
・ConvertToUTF8 : 対応文字コードを拡張する
・HTML5 : HTML5が捗る(使ったこと無い)
・HTML/CSS/JS Prettify : ウェブ開発を支援する(使ってない)
・LaTeXTools : LaTeXをコンパイルできるようになる.色分けも.(これが重要)
・SublimeCodeIntel : プログラムのコードを見やすくする(だったかな?)
・Terminal : ターミナルが使えるようになる(多分・・・)
とまぁ割と適当に.

あとは個人設定をいじる

■SublimeText3 個人設定


Preferences/Settings - User
を開くと,Preferences.sublime-settings -- Userというドキュメントが開く
端的に,私の設定をコピペ

{
"color_scheme": "Packages/Color Scheme - Default/Cobalt.tmTheme",
"default_encoding": "UTF-8",
"draw_white_space": "all",
"font_face": "Ricty Diminished",
"font_size": 15,
"highlignt_line": true,
"ignored_packages":
[
"vintage"
],
"line_padding_top": 5,
"show_encoding": true,
"tab_size": 4,
"trailing_spaces_highlight_color": "comment",
"trailing_spaces_regexp": " |[ ]+",
"translate_tabs_to_spaces": true,
"trim_training_white_space_on_save": true,
"word_wrap": true,
// Display file encoding in the status bar
"show_encoding": true,

// Display line endings in the status bar
"show_line_endings": true,
}


で,この設定はどこから持ってくるかというと,
Preferences/Settings - Default
を開くことによって設定方法が事細かく説明されている.

多分,人によって変わってくるのは,color_schemeであるとか,font_faceの項目なのではないだろうか
特にfont_faceはRictyがインストールされていないPCでは変更必須

■LaTeX関連の設定


1.pdf周りの整備

Adobeはファイルをロックしてしまうので,不便
従って,ロックしないSumatraPDFをインストール.

次に環境変数PathにsumatraPDFを通しておく.
Windowsボタンを右クリック→システム→システムの詳細設定→環境変数
とたどり,ユーザ環境変数のPATHに対して,sumatraPDFのインストールフォルダを指定しておく.

latexmkの設定

環境変数でHOMEに指定されているフォルダに移動.
そこで,Shiftを押しながら右クリックして,コマンドプロンプトを開く.
開いたら,

echo -n > .latexmkrc


と入力して,.latexmkrcというファイルを生成する.(Explorerでは,ドットから始まるファイルを作れない.)
[Linuxで見かけるアレですね]
次に,.latexmkrcをエディタで開いて以下の用に書いて保存.

#!/usr/bin/perl
$latex = 'uplatex %O -kanji=utf8 -no-guess-input-enc -synctex=1 %S';
$pdflatex = 'lualatex %O -synctex=1 %S';
$biber = 'biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B';
$bibtex = 'upbibtex %O %B';
$makeindex = 'upmendex %O -o %D %S';
$dvipdf = 'dvipdfmx %O -o %D %S';
$dvips = 'dvips %O -z -f %S | convbkmk -u > %D';
$ps2pdf = 'ps2pdf.exe %O %S %D';
$pdf_mode = 3;
$pdf_previewer = 'SumatraPDF.exe -reuse-instance';


perlみたいですが,私は詳しくありません.

■LaTeXTools周りの設定


いよいよ最後,SublimeTextにTexコンパイラを指定する.
Preferences/BrowsePackages
とたどって,次のファイルを開く
LaTeXTools\builders\traditionalBuilder.py
[今度はPythonみたいですよ!]
20行目ぐらいに,DEFAULT_COMMAND_LATEXMKという項目があるのでそれを以下のように編集

DEFAULT_COMMAND_LATEXMK = ["latexmk", "-cd",
"-e", "$latex = 'uplatex %O -no-guess-input-enc -kanji=urf8 -interaction=nonstopmode -synctex=1 %S'",
"-e", "$biber = 'biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B'",
"-e", "$bibtex = 'upbibtex %O %B'",
"-e", "$makeindex = 'upmendex %O -o %D %S'",
"-e", "$dvipdf = 'dvipdfmx %O -o %D %S'",
"-f", "-norc", "-gg", "-pdfdvi"]

DEFAULT_COMMAND_WINDOWS_MIKTEX = DEFAULT_COMMAND_LATEXMK


DOCUMENTCLASS_REはそのままで良いっぽい.

続いて,重要な作業.Ctrl+shift+Pを押して

LaTeXTools: Reconfigure and migrate settings


を行います.ダイアログが出ますが,気にせず左側をクリックしておく.
これで,SublimeTextを再起動すればTeXがコンパイルできるようになる(もちろん,pdfまで表示してくれる)

一応念のため,latexmkの使用上UTF-8しか対応していないので,UTF-8で保存したファイルを使うこと.
SublimeTextでも,ファイル→Set File Encoding to の中のUTF-8を選んで保存すれば変換できる.
(できなくても,何度かやっていればなぜかうまくいく)
UTF-8で開いているかのチェックは,右下に表示されている文字コードをチェックしてみると良い.
(UserSettingでこの辺りも表示する設定にしている)

それから,見ての通り,uplatexを使用しているので,jsarticleを使用する際は,オプションにuplatexを指定するのをお忘れなく.
jarticleは使えません.

\documentclass […, uplatex]{jsarticle}


■使ってみて


確かに,Texもコンパイルできるし,他の言語でも開発OK
タブもあって万能.
ただ,IMEが変なところで開くのはいただけないな.
色分けは非常に優秀なので,texworksを使ってる人からすればすごい重宝するんじゃないかな.

今後はLinuxでの開発も増えてくると思うので,Emacsにチャレンジしようかと思い始めている.
部内で使ってる人もいるから,聞いてみようかしら.
ということで,Emacsの捗り具合によってはSublimeはお役御免かもしれない.

何より,LaTeXToolsのアップデートの度に個人設定吹き飛ばしていくのやめてください.
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ひまねこ

Author:ひまねこ
大学4年生
研究室の雑務に追われて,研究は全然進んでいません.
電気自動車サークルを立ち上げて,ene-1GPに出場してます.
趣味は,
パソコン/マイコン/バイク/アマチュア無線/ボーイスカウト/アウトドア
などなど.何にでも興味があります.
とはいえ,研究肌ではないので全体的に"なんとなく"です.
もっとしっかりしないと!

プロフィール画像は、西瓜-正男中心、他色々の管理人「玄鳥」氏から頂きました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR